HOME>オススメ情報>印刷の割合でかかる費用は変わるが、伝えられる情報量も変わる
横断幕

費用を低く抑えて現場のイメージを上げる

工事を円滑に進めるにあたって、外から見たときの印象を清潔で安全なものにしていかなければならないことは周知されているとおりです。そのために必要なのが現場シートであり、これを効率よく使用していくことでその現場の周辺住民に与える印象は大きく異なってきます。シートの印刷も自由に注文することができ、行っている工事の内容と期間などを簡単に周知することができるので、うまく活用していきましょう。現場シートを上手く仕上げることができれば工事現場で起こりうる多くのトラブルを予防することができ、結果的にかかる費用も低くなっていきます。無理に少ない枚数で安いものを注文してもメリットは少ないので、現場に必要な最低限の機能を備えた現場シートを注文するようにしましょう。そうすることで建築業者としての評判も良くなっていき、次の仕事にもつなげていくことができるのです。

シートの印刷内容について

現場シートの使用目的はもちろん外部に対して工事の内容を伝えることにありますが、内部の現場作業員に対しても注意喚起を行うことができます。安い現場シートにしようとするとどうしてもシンプルなポイント印刷となってしまい、伝えることの出来る情報が減ってしまうでしょう。そうなるとせっかくの現場シートの強みが薄れてしまうので、シートの半分を印刷するハーフ印刷や全面印刷を選ぶことも考えるべきです。現場シート自体は現場で使用する目隠しにすぎないため軽視されてしまいがちですが、周辺住民から信頼される工事現場にしていくためには手抜きはできません。内外に情報を適切にわかりやすく伝え、安全で透明性のある工事現場にするために、実際に使用することになる現場シートの印刷には気を使いましょう。

広告募集中